store watch

1

サーマルセンサーとAIカメラで来店客数や顧客属性を収集できる

2

流行情報や気象情報など、販売量に影響する情報を自動収集できる

3

店舗リニューアル時の効果検証など、スポットでの利用もできる

対象店舗規模 ~10店舗 ~100店舗 ~1000店舗 1000店舗以上
提供形態 SaaS/ハードウェア
参考価格 <継続利用>
イニシャルコスト:0万円〜
ランニングコスト:3.96万円〜(最低契約期間36ヶ月)
<スポット利用>
33万円~(3ヶ月プラン)
※価格は消費税10%を含む

機能

  • サーマルセンサーとAIカメラによる、来店客数や顧客属性の分析
  • テレビやSNSにおける流行情報や降雨の有無など、顧客の来店や商品の売れ行きに影響する情報の通知
  • サーマルセンサーによる、人の重なりの切り分け
  • 人数カウントするラインの設定による、Uターン時の重複カウントの対策

効果

利用イメージ

  • 顧客の通行量情報、属性情報はCSVファイルとしてエクスポート可能
  • 気象情報、テレビ番組紹介情報をダッシュボードに表示

導入例


  • 導入店舗例:スーパーマーケット、リユースショップ、ホームセンターなど

  • 利用事例 :

    1. スーパーマーケットにおいて、出入口に属性カメラ、サーマルセンサーを設置し、レイアウトを変更した商品棚の通路にサーマルセンサーを設置することで、商品棚のレイアウト変更に対する通行量の影響を可視化するためのシステムとして利用

    2. リユースショップにおいて、従来と異なる客層を取り込むための施策実施時にどの程度の効果があるか見極めるためのツールとして利用




仕様・動作環境












対応OS 以下推奨Webブラウザの動作が可能なWindows、Mac OS
推奨Webブラウザ

下記ブラウザの最新バージョン



  • Chrome

  • Safari

  • Edge