Seed ID

該当するSDGs(接続可能な開発環境)

1

盗難をリアルタイムで把握できる

2

RFID端末で店頭商品の探索ができる

3

一括読取で入荷処理・棚卸ができる

対象店舗規模 個店 ~10店舗 ~100店舗 ~1000店舗 1000店舗以上
提供形態 SaaS/ハードウェア
参考価格 要問合せ

機能

  • RFIDゲート(自立型)やRFIDアンテナ(天井取り付け型)による盗難の可視化
  • 入荷時にバーコードとRFIDを紐づけることで、在庫管理や欠品管理ができる
  • RFID端末を使ってJANコードや商品名から商品探索ができる
  • RFID端末の利用により複数商品を一括読取り

効果

    利用フロー

  1. 商品登録(エンコード)

    RFID端末でバーコードを読み取り、RFIDタグに商品情報を登録します。RFIDプリンタを使用する場合は、印字しながら商品情報の登録が可能です。


  2. 入荷(バックルーム)

    RFIDタグを商品に貼付し、RFID端末で入荷処理を行います。


  3. 店頭に陳列

  4. 店頭在庫チェック(棚卸し)

    RFID端末で、店頭の商品を読み込むことで棚卸しができます。その際に、システム上のステータスもバックルームから店頭在庫へと変更されます。


  5. 決済時の処理

    盗難対策として防犯ゲートを利用している場合は、会計時にRFIDタグに対して販売処理を行います。


利用イメージ

  • 入荷/棚卸/検索/出荷/在庫引落/登録がRFIDリーダーで行うことができる

  • ブラウザから、在庫状況を確認できる

導入例


  • 利用業界例:アパレル、ホームセンター

  • 導入店舗例:

    1. アパレル店において、季節商品や新製品などの欠品を避けたい商品、盗難されると被害が大きい高額商品などにRFIDを取り付けて管理するツールとして利用

    2. 電動工具などの高額商品に対して、欠品・盗難防止のためのツールとして利用




仕様・動作環境

 













対応OS Android 6.0以上
推奨Webブラウザ

  • Chrome