Okage

該当するSDGs(接続可能な開発環境)

1

スマートフォンから
テーブルオーダーが可能

2

テイクアウトやデリバリーオーダーにも対応

3

OkageシリーズのPOSレジと連携

対象店舗規模 個店 ~10店舗 ~100店舗 ~1000店舗 1000店舗以上
提供形態 SaaS
参考価格 イニシャルコスト:0円〜
ランニングコスト:1,100円〜
(消費税10%を含む)

機能

  • 入店毎に発行するQRコードを読み込んでテーブルオーダー(Okage Go 店内版)
  • 店の外でQRコードやURLを読み込んでテイクアウト・デリバリーのオーダー(Okage Go 店外版)
  • Okageシリーズ内のタブレットオーダーやPOSレジ・ハンディ・セルフレジなどと連携
  • 支払いは各種キャッシュレス決済にも連携
  • 多国語対応

効果

    利用フロー

    店内モバイルオーダー
  1. QRコードを読み取りスマートフォンからオーダー

    入店時に発行したQRコードを利用者のスマートフォンで読み取り、オーダーします。


  2. プリンターからオーダーを印刷

    キッチン、パントリーにあるプリンターからオーダー内容が印刷されます。


  3. 調理・配膳

    オーダー内容に従い調理し、配膳します。


  4. 決済

    レジにて現金、クレジットカード、QRコード、交通系ICを利用し決済します。オンライン決済も可能です。


    テイクアウトモバイルオーダー
  1. QRコードを読み取りスマートフォンからオーダー

    オーダー用URLを注文者のスマートフォンで読み取り、オーダーします。注文時に受取時間を指定できます。


  2. 決済

    クレジットカードを利用しオンラインで決済します。


  3. プリンターからオーダーを印刷

    キッチン、パントリーにあるプリンターからオーダー内容が印刷されます。


  4. 調理

    オーダー内容に従い、調理します。


  5. 商品の仕上がりを注文者に通知

    商品が出来上がったタイミングで、注文者に通知します。


  6. 商品の受け渡し

    注文者に、商品を受け渡します。


利用イメージ

  • クラウドで連携可能なOkageシリーズから、店舗が必要な機能を選択して利用する

導入例


  • 導入店舗例:焼肉店、居酒屋、ファミリーレストラン、カフェなど

  • 利用事例 :

    1. レストラン、居酒屋などにおける店内でのセルフオーダーシステムとしての利用

    2. テイクアウト業態における事前予約システムとしての利用




仕様・動作環境













対応OS


(レジ・ハンディ類)


iOS(最新Ver含め3世代以内)

推奨Webブラウザ


(管理画面閲覧・一部受信端末用)




  • Chrome

  • Safari