FoodFrontia

該当するSDGs(接続可能な開発環境)

1

スマートフォンからテーブルオーダーができる

2

予約管理システムと連携できる

3

フードデリバリー会社のシステムと連携できる

対象店舗規模 個店 ~10店舗 ~100店舗 ~1000店舗 1000店舗以上
提供形態 SaaS
参考価格 店舗規模、付随する機能により異なるため要お見積り

機能

  • POSシステムと連携してスマートフォンからオーダーできる
  • フードデリバリー会社のシステムと連携し、店舗でのオーダー入力を不要にできる
  • タブレットオーダーや在庫管理システム、POS、精算機などと連携できる
  • 支払いは各種キャッシュレス決済にも対応
  • 予約管理システム連携
  • 多言語対応

効果

    利用フロー

    店内モバイルオーダー
  1. テーブルのQRコードを読み取りスマートフォンからオーダー

    各テーブルに準備したQRコードをスマートフォンから読み取り、オーダーします。


  2. プリンターからオーダーを印刷

    キッチン、パントリーにあるプリンターからオーダー内容が印刷されます。


  3. 調理・配膳

    オーダー内容に従い調理し、配膳します。


  4. 決済

    レジにて現金、クレジットカード、QRコード、電子マネーを利用し決済します。スマートフォン上での決済も可能です。


    フードデリバリーオーダー連携
  1. フードデリバリーサービス会社を利用しオーダー

    注文者は、FoodFrontiaの利用を意識せずオーダーができます。


  2. 受注・プリンターからのオーダー印刷

    フードデリバリー用の端末で注文を受けると、プリンターからオーダー内容が印刷されます。メニューに応じて出力先のプリンターを変更が可能で、受渡時間などの印刷もできます。


  3. 調理

  4. 商品の仕上がりをフードデリバリー用の端末から配送者に通知

  5. 商品の受け渡し

利用イメージ

  • 店舗が必要な機能をシステムから組み合わせて利用する

導入例


  • 導入店舗例:居酒屋、ファミリーレストラン、カフェなどの飲食

  • 利用事例 :

    1. 飲食店において、卓上のQRコードを読み取ることで店舗のメニューを顧客の端末で閲覧し、注文するシステムとして利用。

    2. フードデリバリー業者を介してデリバリーオーダーを受ける際に、フードデリバリー業者が準備する端末とスムーズな連携が可能なシステムとして利用。




仕様・動作環境






















対応OS PC(店舗管理システム) Windows、Macの以下の推奨ブラウザの最新バージョンが適用可能なOS
モバイル端末(モバイルオーダー) Android、iPhoneの以下の推奨ブラウザの最新バージョンが利用可能なOS
推奨Webブラウザ PC

下記ブラウザの最新バージョン



  • Windows:Chrome

  • Mac:Safari


モバイル端末

下記ブラウザの最新バージョン



  • iOS:Safari

  • Android:Chrome