ストアロボット

2021年10月25日更新

配膳・配送など、これまで店舗内で人が行っていた作業の一部を代替することができるのがストアロボット。

概観

空間認識や顔認識、音声認識などのセンサー技術やAIの活用など様々な技術が応用され、運搬・決済・コミュニケーション促進を目的に一部で利用が始まっている。 少子高齢化による労働人口減少によって店舗の人手不足は今後さらに加速が見込まれる。こうした課題に対し、労働力確保と人件費削減の観点からストアロボットは解決策の一つとして期待される。 小売業界ではpepperくんをはじめとした接客・応対ロボットやレストランの配膳ロボット、商業施設のお掃除ロボットが広まっていっている。

ストアロボットの
カオスマップ

 

現在カオスマップを作成中です。

タイプ別おすすめソリューション

飲食店の配膳なら
レストランサービスロボット

ホテルの
ルームサービスなら
運搬・販売ロボット

清掃ロボットなら
Whiz i

機能比較