体験型店舗

2021年10月19日更新

体験型店舗は店舗内で単なる「販売」を行うのではなく、店舗での「体験」に重点を置いた店舗。AIカメラやセンサーなどを活用し、従来の来店客不特定多数に向けた施策から、ターゲットを絞ったアプローチを行うことで、顧客の購買体験を向上する。

概観

AIカメラやPOSなどの購買情報を元にしたビックデータの活用により、顧客を一括りにして考える従来の店舗施策から、それぞれの顧客属性にあった広告や提案が始まっている。各顧客に対して個別に最適化し、顧客満足度を高め、店舗間の差別化を図ることが重要である。

体験型店舗の
カオスマップ

 

現在カオスマップを作成中です。

タイプ別おすすめソリューション

広告枠の収益化なら
スマートスクリーン

機能比較

 




















































  スマートスクリーン
顧客情報入手方法 AIカメラ
顧客属性把握
来店客分析(データの蓄積)
広告配信機能 属性別配信
時間帯別配信設定
端末タイプ 各種サイネージ
CMS連携
コンテンツ準備 要調整
概算費用 イニシャル 要お見積り
ランニング