無人店舗

2021年11月24日更新

無人店舗は、中国の「Bingo Box」や米国の「Amazon Go」にはじまったユーザー行動管理、在庫管理、決済等が一連となった無人型の店舗運営システム。

概観

日本国内でも大手コンビニ各社をはじめ実証実験が進んでいる。無人店舗ソリューションによりレジスタッフが不要となるため、人手不足が深刻な小売業にとって大きな一助となる。 AIカメラや重量センサー等のデジタル技術を活用することで、顧客はレジに並ぶことなく、商品を手に取ってゲートを出れば買い物が完了する。技術自体が発展途上であり、高い精度を求められる日本のマーケットではセルフレジ型が主流になってきているが、欧米・中国ではGrab & Goモデル(入り口でQRを読み込んで、商品を手にとったらレジを通さずにそのまま出ていくモデル)が急成長しており、技術的な進歩と共に国内にも広がっていく可能性は高い。 リテールテックプラットフォームでは全てPoC商品のため、直接お問い合わせください。

無人店舗の
カオスマップ

 

現在カオスマップを作成中です。

タイプ別おすすめソリューション

直接お問い合わせください。

機能比較