リテールテックプラットフォーム
リテールテックプラットフォーム

DXに必要なリテールテックとは?

リテールテックプラットフォーム編集部

近年、国内や海外で需要を伸ばしている「リテールテック」をご存知ですか? 海外では無人店舗の設置に欠かせない存在であり、国内では不足している労働力の確保や感染症対策や人件費削減を目的としたオンライン接客やモバイルオーダーなど徐々に需要が高まってきています。 今後店舗経営において必須になっていくリテールテックについて、メリットやデメリットと合わせてご説明いたします。

リテールテックとは?

リテールテックプラットフォーム

リテールテックとは、小売り(リテール)事業にITやIoTの最新デジタル技術を導入すること、および、それによって実現される新機軸の技術やサービスことである。 リテールテックに含まれる範囲は幅広く、商品の店頭販売からEコマース、流通、広告、販促、レジ周りのシステム(決済システムやPOSシステム等)なども含む。

(引用)Weblio辞書 

用語ではこのような説明になっています。つまり、小売や飲食などの実店舗で感染症対策や人材不足による労働力をテクノロジーに置き換えるという話ですね。キャッシュレス決済が1番身近なテクノロジーだと思います。時間や手間がかかる現金のやり取りより、クレジットカードやスマホ端末で行える電子決済などのキャッシュレス決済を利用することで、消費者はスピーディに会計を済ませることができ、店舗側も現金や帳簿管理の負担が軽減されます。
消費者が1番利用が多い小売業や飲食業界では既にリテールテックの導入・検討がどんどん進み、これからの時代は省人化や生産性を向上させるために、より不可欠な時代になっていくでしょう。

リテールテックのメリット

消費者の利便性向上

リテールテックは企業にとって省人化や生産性の向上に有効なものです。 キャッシュレス決済を利用する人は増えましたが、スマホから簡単に注文と決済ができるモバイルオーダーシステムの利用は実はあまり進んでいません。国内では約50%の人が利用をしたことがないまたは知らないといった統計があります。海外では約40%以上の人が利用するという話もあるので、国内はまだ多く普及していないようです。 しかし今感染症対策が急ピッチで進んでいるため、これからモバイルオーダーシステムやスマホ注文アプリを導入するサービスがどんどん伸びていくことでしょう。そういったサービスが普及していくと、消費者は待ち時間はもちろん、直接店に出向くことや現金を持ち歩く必要もなく便利に買い物やサービスを楽しむことができ、サービスの需要や満足度を上げることが期待できます。

また、オンライン接客ができるサービスを導入すれば消費者は店舗に出向かずに接客を受けることができ、店舗側は様々な場所から遠隔接客をすることができます。感染症対策はもちろん、サービスによっては接客内容を文字に起こすことも可能なため、対面よりユニバーサルな接客を受けることもできるでしょう。

 

消費者のデータ分析

消費者がサービスを利用することで購買情報を分析することができます。消費者の行動をデータ化し、活用することで小売や飲食で問題になっている衣類ロスやフードロスなどの解決や、商品供給の見直しなどマーケティングに活用することができます。

 

逆にデメリットとして、省人化のメリットに対する雇用の縮小化が挙げられます。オペレーターやレジ接客など、オンライン接客やAIロボットなど人に代わるテクノロジーが普及すると失業する人も出てきます。 また、消費者が正しく使えるようになるまで時間がかかることも考えなければなりません。ですので企業にとって導入コストの他にも、使い方や管理方法といった機能も慎重に見極めて準備する必要があります。アパレルとコンビニで業務形態が異なるように、それぞれのニーズと形態に合ったリテールテックを選ぶことが重要になります。

当サイトはそれぞれのニーズや業態に合ったリテールテックをご検討いただけるように様々なテックの機能比較や事例を掲載しております。どれが最適なのか分からないという方もお気軽にご相談ください。

参考

リテールテックプラットフォーム編集部

リテールテックプラットフォーム編集部メンバーが不定期で書いています。小売業に関する時事ネタや、海外におけるリテールテックの導入事例など、小売業の方々の参考になる、様々な情報を発信させていただきます。


関連記事


関連テーマ