iaeon_app
iaeon_app

イオンがサービス一括アプリ「iAEON」を始動

UPDATE

リテールテックプラットフォーム編集部

国内流通最大手のイオンは、グループ横断アプリ「iAEON(アイイオン)」の配信を2021年9月1日から始めました。これまでグループ各社が独自のアプリでサービスを提供してきましてが、「お気に入り店舗」として登録することで、各社が提供しているアプリやサービスへの連携が可能になります。

「イオン経済圏」の拡大に向けた戦略パーツ

イオンは9月から、グループの様々なサービスをまとめて提供する一括アプリ「iAEON(アイイオン)」の配信を始めた。ネット通販や店舗情報などの機能を集約し、新たなスマートフォン決済も導入。グループ全体の共通のタッチポイントとして進化させていく予定で、消費データの収集分析や「イオン経済圏」の拡大に向け戦略的なパーツとなる。

iAEONは顧客のライフスタイルに合った利便性と満足度の高いサービスの提供、店舗とデジタルを融合したシームレスな体験を提供することが狙い。総合スーパー(GMS)のイオンリテールや商業施設運営のイオンモールなどグループ各社が提供するサービスをまとめ、一つの窓口で利用できるようにする。

「AEON Pay」にも対応

「WAON POINT」の利用、付与、照会、交換ができるほか、イオンマークの付いたクレジットカードやデビットカードと紐(ひも)付ければ、スマホ画面に表示したバーコードで決済できる「AEON Pay(イオンペイ)」にも対応する。さらに「おサイフケータイ」搭載のスマホではタッチ式の「モバイルWAON」も選べる。

また、「お気に入り店舗」を登録してクーポンやキャンペーン情報などを取得できる。対象となるのは、スタート時点ではGMSが中心で、約1000店の中から最大5店まで選択できる。

iaeon-app1

デジタル事業を強化へ

今後、iAEONに随時グループの様々なサービス・機能を取り込むほか、AEON Payもグループ内外で利用できる環境を整えたい考え。一括アプリを通じて顧客を囲い込む一方、iAEONを通じてオンライン、オフラインを問わず消費データを収集し、デジタル事業の強化につなげる。

iaeon_app2

リテールテックプラットフォーム編集部

リテールテックプラットフォーム編集部メンバーが不定期で書いています。小売業に関する時事ネタや、海外におけるリテールテックの導入事例など、小売業の方々の参考になる、様々な情報を発信させていただきます。


関連記事


関連テーマ