FamilyMart_iwatsuki_renewal
FamilyMart_iwatsuki_renewal

無人決済システムを実用化したファミリーマート岩槻駅店が
リニューアルオープン

NEW

リテールテックプラットフォーム編集部

東武鉄道株式会社、東武商事株式会社及び株式会社ファミリーマートは、株式会社TOUCH TO GOが開発した無人決済システムを導入した実用化店舗として、東武アーバンパークライン岩槻駅において「ファミリーマート岩槻駅店」(住所:埼玉県さいたま市岩槻区本町1丁目1-1)を、2021年10月12日(火)にリニューアルオープンいたします。

店舗運営コストやオペレーション負荷の低減、および非対面決済の推進

2021年10月12日にファミリーマート岩槻店は無人決済システムの実用化店舗としてリニューアルオープンし、「ウォークスルーの次世代お買い物体験」を実現した。通常の有人レジ店舗と比べて、時間短縮が求められる朝の時間帯や移動の合間など、短時間で手軽にできる買い物へのニーズが高い鉄道の利用顧客に向けて、利便性の向上を狙う。

また、省人化による運営が可能になるため、運用面では店舗のオペレーションコストを削減し、人材不足を解消が期待できる。さらにウォークスルー型の無人決済システムにより、利用者は店舗スタッフとほぼ非接触で購入することができるため、新型コロナウィルス感染予防の施策としても効果的である。

FamilyMart_TOUCH-TO-GO

商品を手に取り、出口でタッチパネルの表示内容を確認し、支払いするだけでお買い物が完了

国内で無人店舗を普及させるためには

今回ファミリーマート岩槻店で実装された無人決済システム「TOUCH TO GO」は、設置されたAIカメラやセンサーによって商品と顧客情報をリアルタイムで結びつけ、決済エリアの前に立つと自動で持っている商品を表示し決済が行えるシステムである。購入商品と合計金額が一致していれば、現金や電子マネーなどで支払いを完了できるので非常にスピーディに買い物することができる。また、商品が間違っていた場合もタッチパネルから商品を削除・追加することができるため、店舗スタッフの対応は不要。身分証明書の提示が必要な酒類などを購入する場合は、カメラに向かって身分証明書を提示し、画面越しにバックヤードの店舗スタッフが年齢確認を行うことができる。

2018年にオープンしたAmazon Goは入店時に個人認証を行うことで、店内で決済行為せずに買い物が完結する。それに対し、「TOUCH TO GO」は入店後に店内で決済を行う流れは、今までの買い物の導線とほぼ同じだ。Amazon Goのようにアプリをインストールして個人認証するシステムより、誰でも入店でき、その場で商品に相違がないかを確認しながら決済を行えるTOUCH TO GOの方が敷居が低く、利用者の心理的にも安心して利用できるシステムなのではないだろうか。

岩槻駅は、埼玉県内東部アーバンクラインにおいて乗降人員が3番目に多い急行停車駅であり、2016年5月に橋上駅舎化したほか、2021年7月には東武鉄道が東口駅前に賃貸マンション・サービス付き高齢者向け住宅・クリニック等が一体となった複合施設を開発するなど、多世代が暮らしやすい街づくりを推進している地域にある。話題性も然り、あらゆる世代の集客によって見えてくるであろう今後の課題への対応や他店舗への展開に注目したい。

FamilyMart_iwatsuki_renewal

画像左:東武商事 代表取締役社長 都筑 豊/画像中:ファミリーマート 代表取締役社長 細見 研介/画像右:TOUCH TO GO 代表取締役社長 阿久津 智紀

リテールテックプラットフォーム編集部

リテールテックプラットフォーム編集部メンバーが不定期で書いています。小売業に関する時事ネタや、海外におけるリテールテックの導入事例など、小売業の方々の参考になる、様々な情報を発信させていただきます。


関連記事


関連テーマ