クラブネッツ社LINEパッケージ
クラブネッツ社LINEパッケージ

クラブネッツ社、コインランドリー事業者向けに
LINEを活用した販促パッケージを提供開始

リテールテックプラットフォーム編集部

IT販促の総合商社である株式会社クラブネッツは、自社のコインランドリーで実績を培ったLINEを活用した販促ノウハウをコインランドリー事業者向けにパッケージ化したサービスの提供を開始しました。無人店舗のネックである費用対効果の見えづらさを解消するべく、見える化を行うDX施策に一手投じるサービスとなります。

LINE公式アカウントを活用し、費用対効果の見える化を実現

クラブネッツ社は、自社のコインランドリーの店舗で、LINEを活用した運営における様々なDX化の施策を実施し、その店舗運営で培った販促ノウハウをコインランドリー事業者向けにパッケージ化した。

無人店舗における最大のネックは、「費用対効果が見えにくいこと」である。本パッケージでは、店頭やLINE広告で集めたLINE公式アカウントの友達に対して、アンケートや店頭で案内する「あいことば」を入力すると参加出来るデジタルキャンペーンなどの取り組みを実施することで、ある一定の効果を図り、費用対効果の見える化を実現するという。

クラブネッツ社では、様々な業種・業態の店舗・企業に対して、LINE公式アカウントの運用サポートプログラムを提による促支援を行ってきた。また、自社開発のLINE公式アカウントの機能拡張システム「+DIRECT(プラスダイレクト)」を通じて、LINEを活用した企業のDX支援も加わっている。
今回提供を開始する販促支援パッケージは、これまでコインランドリーの店舗運営で培った、LINEを活用した販促ノウハウをコインランドリー事業者向けにパッケージ化したものだ。クラブネッツ社がLINE株式会社から「LINE Biz Partner Program」の認定を受け、「Technology Partner」であるメリットを活かしたLINEの店舗向けソリューションサービスを組み合わせることにより、コインランドリー事業の運営課題である稼働率の向上・安定化を一気通貫で実現する見込み。
併せて、「どのように運用していいのかわからない」「そこまで手を掛けられない」という事業者に対しては、「手軽に」「簡単に」「誰でも」運用できるよう、同社独自のサポートプログラムを用意し、コインランドリー運営のDX化を支援を行う予定だ。サポートプログラムでは、新規顧客の獲得(入口)からリピーター育成(出口)まで、一気通貫で販促をサポートしてくれる。
自社内で運用した実績を元にパッケージで売り込んでいく戦略はこれからもっと増えてくると予測できる。各業界、あらゆるサービスのどのフェーズを先手で勝ち取っていくのかが肝になりそうだ。

 

【販促パッケージの内容】
①「LINE広告」を使った『新規顧客の獲得』
②「LINE公式アカウント」を使った『リテンション施策』
③「+DIRECT」による『アンケート情報の収集/データベース化』

クラブネッツ社LINEパッケージ

(PR TIMESより)

リテールテックプラットフォーム編集部

リテールテックプラットフォーム編集部メンバーが不定期で書いています。小売業に関する時事ネタや、海外におけるリテールテックの導入事例など、小売業の方々の参考になる、様々な情報を発信させていただきます。


関連記事


関連テーマ