北海道初!完全無人の会員制アパレルショップ
「Manhattanstore Mujin」オープン

NEW

リテールテックプラットフォーム編集部

2021年11月1日にアパレル卸売業を行う竹栄株式会社は、次世代型小売業にこだわった完全無人の会員制子供向けアパレル店「Manhattanstore Mujin」(マンハッタンストア ムジン)を竹栄株式会社1階にオープンしました。年中無休24時間営業の接客されないアパレルショップという新しいショップ経営がスタートします。

「Manhattanstore Mujin」の特徴

近年のコロナ禍において接客が難しくなってきた中、「Manhattanstore Mujin」は完全非接触型の店舗。店員を気にすることなく買い物することができる。最初はアパレルショップに接客がないに違和感を覚えるかもしれないが、今後の小売業を見据えた上であえて常識を覆すアパレルショップを目指しこういう形をとったとコメントしている。

急遽明日までに必要だけれど営業時間が長いスーパーやコンビニには取り扱いがないといった経験があるユーザーを想定し、年中無休24時間営業に対応。アパレルはもちろんアパレル雑貨、日用雑貨まで幅広く子ども向けの商品を展開し、急な対応もできるよう品揃えを完備するとのこと。
利用は完全会員制となっており、年会費・月額ともに無料で登録可能。会員登録後はスマートフォン1つで好きな時自由に出入りして買い物することができる。
気になるセキュリティ対策では、キーアプリを採用し会員にのみアプリ上のキーをメールにて配布して解錠が可能になる。また万が一に備え防犯カメラや非常用ボタンも設置し、安全安心の買い物ができるよう配慮されている。

決済方法は完全キャッシュレス・フルセルフレジのため、スピーディな会計ができる。各種クレジットカードを始め、PayPayやICカードのキャッシュレス決済に対応。なお現金決済は店舗形態上対応しない。

Manhattanstore Mujin

(PR TIMESより)

アパレル業界に重くのしかかる「大量廃棄」の課題

日本で年間約35億点ほどの衣料品廃棄があると言われているアパレル業界の大量廃棄問題。Manhattanstore Mujinは、SDGsに則った持続可能な店舗と社会の実現を目指して、おさがりサービス【 TSUMUGU~紡ぐ~プロジェクト】を実施する。日本に古くから伝わるお下がりという文化を発展継承し、アパレルに携わるものとして少しでも服の廃棄量を減らしていきたい、無人店舗だが人と人のつながりを感じられるような店舗になっていきたいと同社は語っている。

本当に必要な量だけ必要としている人に届けば、資源の無駄が多く削減することができる。無人店舗の利点を生かして本来の需要を知ることが正常な供給に繋がり、セールストークや店員への気遣いなどで起こり得る不必要な買い物による資源の消失が減ることを期待したい。

mm_store

Manhattanstore Mujin店舗の様子(PR TIMESより)

リテールテックプラットフォーム編集部

リテールテックプラットフォーム編集部メンバーが不定期で書いています。小売業に関する時事ネタや、海外におけるリテールテックの導入事例など、小売業の方々の参考になる、様々な情報を発信させていただきます。


関連記事


関連テーマ