amazon-go-1
amazon-go-1

「JUST WALK OUT」の無人店舗として業界に衝撃を与えたAmazon Go

竹下 浩一郎

2018年、米国アマゾンがシアトルの本社近くにオープンした「Amazon Go」は、その「JUST WALK OUT」技術によって業界に衝撃を与えました。お客は商品を手に取って、そのまま店を出るだけで買物が完結します。実際には商品の補充などがあるため無人ではありませんが、レジのない店舗は「無人店舗」のイメージにも合致するもので、その買物体験と併せて大きな話題となりました。

Amazon Goの革新

Amazon Goの場合、入店に際しては、個人を認証するためにアプリを立ち上げ、そこに表示されるコードをゲートでスキャンして入る。
天井には多数のカメラが設置されている他、棚には商品が取られたことを把握する重量センサーなどが設置され、利用者の買物について把握する。
買いたい商品を手に取った利用者はそのままゲートを通れば、その段階であらかじめ登録したクレジットカードなどで決済が行われる。そして数分後、アプリにレシートが送られてきたことで買物が完了したことを確認するという流れだ。
もちろん間違いも発生するが、その確率はかなり低いと思われる。店内でかなり複雑な動きをしても、その正確性はなかなかのものだ。

商品を手に取って店を出るだけ、まさに「JUST WALK OUT」による買物を実現した点で、Amazon Goは革新的であった。 その後、その「JUST WALK OUT」の技術、あるいは店舗は、多くの企業によって開発されるようになった。特に中国での開発が盛んで、多くの無人店舗が登場した。しかし、その設備面などの投資の重さや技術的な難易度の高さもあってか、その後その動きは影を潜め、限られたプレーヤーによるより快適な買物が模索されるようになった。

①米国シアトルのAmazon Go1号店。現在では店舗数も増えたが「JUST WALK OUT」を経験するための見学者は絶えない ② Amazon Goの天井には多数のAIカメラが設置されている ③決済はゲートから出ることで自動的に行われる。ただ店を出るだけ、まさにJust walk outだ

入店時に個人認証をしないTOUCH TO GO

そうした中、2020年にJR高輪ゲートウェイ駅の2階、改札内のスペースに開業した無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」を展開するTOUCH TO GO社は、継続してこのタイプの店舗を開発しているプレーヤーの1社だ。
同社は東日本旅客鉄道(JR東日本)100%子会社のJR東日本スタートアップと、金融向けシステムコンサルティングやAIを活用した製品・サービスの開発・販売を手掛けるサインポストが共同出資して設立された。
TOUCH TO GOの買物の流れは次のようなものとなる。まず、入店。今回のTOUCH TO GOは入店時に個人認証をしない。入店後に天井に設置されたカメラなどの情報によって個別の利用者を識別し、その利用者が棚から手に取った商品を棚の重量センサーや画像などで多角的に捉えながらリアルタイムに認識する。

 

Amazon Goのようにアプリをインストールし、自分のコードをかざして入るという行為が日本で普及するかは未知数で、それよりも入店のしやすさを重視した結果だという。
必要な商品を取り終えた利用者が商品を持ったまま決済エリアに立つとタッチパネルに商品と購入金額が表示され、利用者はその表示内容を確認して支払いをするという流れとなる。
つまり、TOUCH TO GOは、Amazon Goのように商品を持ってそのまま店を出るだけの「JUST WALK OUT」ではなく、明細を見ながら決済をする方式を採用している。
入店時に個人認証をする代わりにそのまま店を出られるAmazon Goと、認証をせずに入店し、最後に決済をするTOUCH TO GO。
共に無人店舗ではあるが、買物体験のどこを重視するかによって店の仕組みが変わってくるという意味で、興味深い事例といえる。
一方で、これら無人店舗は、基本的にコンビニサイズの小型店が基本となっている。前述した設備の重さもあると思われるが、日常の買物全般を担う大型のスーパーマーケットなどでは無人店舗は難しいのか。

④TOUCH TO GOは無人決済システムを活用した無人決済コンビニの実用化に向けてファミリーマートと業務提携した。直営1号店は千代田区内にファミマ!!サピアタワー/S店とフランチャイズ店1号店はトモニー中井駅店(写真) ⑤TOUCH TO GOもAmazon Go同様に多数のAIカメラを天井に設置することで利用者と商品の動きを感知 ⑥TOUCH TO GOは利用者が決済エリアに立つと購入商品が提示され、支払方法を選択できるセルフ方式

参考

竹下 浩一郎

リテールガイド 編集長

株式会社リテール総合研究所『リテールガイド』編集長。1975年長野県上田市出身。中央大学文学部卒業、株式会社商業界入社。 経営専門誌『食品商業』『販売革新』編集部を経て2014年11月『食品商業』編集長。 20年5月株式会社ロコガイド入社。小売業のDXを推進するウェブメディア『リテールガイド』創刊編集長就任。同10月『リテールガイド』を運営する子会社株式会社リテール総合研究所設立に伴い同社代表取締役就任。一貫して小売業および周辺を取材。ファイナンス修士(専門職)(中央大学)。


関連記事


関連テーマ